学科試験はここでOK!



車の免許取得 横断歩道に近づいたら

[学科教習第1段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんにちは(^_^)/

それでは早速ですが
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
横断歩道に近づいたらについて
今回の学科教習を始めていきましょう~

車の免許取得 学科教習項目【8】
「歩行者の保護など」の続き
のポイントをお話ししたいと思います!

その前に
皆さん学科・技能教習とも順調に進んでいますか?
そろそろ車を動かすこともなれてきて、面白くなってきたと思います

しっかり技術と知識を身に付けて
車の免許取得に向けて頑張っていきましょう~!(^^)!

85b666ce49e094d86446a8a14527cfef_s

前回に続いて「歩行者の保護など」の続きになりますが
残念ながら、今回のルールも一般的には守られていません(>_<)

車の免許取得を希望している皆さんは必ず守ってください
特に最後の卒業検定ではこのルール違反で不合格になる
ケースが多いですから、しっかり覚えてくださいね!(^^)!

横断歩道(自転車横断帯)に近づいたとき

車を運転しているときに道路で1回や2回必ず見かけるのが
横断歩道(自転車横断帯)ですよね!

皆さんもご存じのように、横断歩道(自転車横断帯)
歩行者(自転車)が安全に道路を横断するために設けられた
場所ですよね

横断歩道と自転車横断帯

その横断歩道(自転車横断帯)に近づいたら
次のルールを守ってくださいね!
信号機のない横断歩道(自転車横断帯)の場合

次の4つの状況において、それぞれ対応が違いますので
しっかり4つのパターンを覚えてください



1 歩行者や自転車が明らかにいない時
  ⇒そのまま進むことが出来ます

2 横断する人(自転車)がいるかいないか明らかでない時
  ⇒停止出来るように速度を落として進まなければなりません
 ※停止線がある時はその手前で

3 歩行者や自転車が横断してる時(しようとしてる時)
  ⇒一時停止をして道をゆずらなければなりません
 ※停止線がある時はその手前で

4 横断歩道(自転車横断帯)の直前に停止している車がある時
  ⇒その車の前方に出る前に一時停止をしなければなりません


以上4つのパターンが横断歩道(自転車横断帯)がある時のルールです
しっかり覚えて、そして守って下さいね!

ですから、横断歩道(自転車横断帯)の近くになりますと
指示表示のひし形(ダイヤマーク)がありますよね

ダイヤマーク2

この指示標示を見落とさないようにしてくださいね
さらにこの指示標示は1つの決まりがあるので参考に
覚えておくといいと思います

標示の設置基準
ダイヤマーク

こんな距離も何かのお役に立てばと思います(^^)v


さらには
この教習項目8「歩行者の保護など」では、次の場合のルールも大事です

 ・安全地帯のそばを通る
 ・停止中の路面電車のそばを通るとき
 ・停止中の車のそばを通るとき
 ・停止中の通学、通園バスのそばを通るとき
 ・子供や身体の不自由な人などが通行している時


上記の状況になった時の
ルールもしっかり確認しておいてくださいね!



それでは
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得が出来て
そして、一生涯、違反をしない!事故を起こさない!安全運転出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆

今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
ハイリスクハイリターン