学科試験はここでOK!



車の免許取得 ペダル操作(AT&MT)

[技能教習第1段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんにちは(^_^)/

それでは早速
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
「ペダル操作(AT&MT)」について
今回の技能教習を始めていきましょう~

車の免許取得技能教習項目2
「自動車の機構と運転装置の取り扱い」
をお話ししたいと思います!

教習車2

今回の項目「自動車の機構と運転装置の取り扱い」
については技能教習「模擬運転装置」でお伝えしたように
「各運転装置の名称と役割と操作方法」
独学で覚えて下さいとお話しましたが
皆さんは覚えてくれましたか?

今回はその中でも、皆さんが苦手とする
ペダル操作のポイントをお話します

ペダル操作【AT&MT】

ATペダル

AT車のペダルは2つ
右側が「アクセルペダル」左側が「ブレーキペダル」ですよね
この2つを右足だけで操作をしますよね
※MT車も同じです

しかし、問題はその踏み方なんです!


まずは

アクセルペダル


アクセルペダルの操作ですが、基本的に
しっかりカカトを床に付け、カカトを支点にし
アクセルペダルの形状に合わせて右足をのせます

そして、アクセルペダルの踏み方ですが
「そーと」とか「じわー」とか「優しく」踏んで下さい
なんて言葉でよく聞きませんか?

でも、実際にはどうですか?
「ブオーーーン」なんて強く踏んじゃいましたよね^m^

なかなか「そーと」「じわー」「優しく」は
難しいですよね(>_<)

そこで

指先を丸めるようにして(イメージ)

踏んで下さい!ホラ!微調整が出来ませんか?
車の免許取得をするためには大事な操作方法ですから
この感覚をしっかり覚えて下さいね


次は

ブレーキペダル

ブレーキペダルの操作のポイントは
まずは右足全体をアクセル側から左に平行移動させます
そして、カカトを床から浮かして指のつけ根あたりで踏みます

さらに、ブレーキもアクセルと同じで
「そーと」とか「じわー」とか「優しく」踏んで下さい
なんて言われますよね^m^

でも、いきなり「ギュッ」と踏んでしまい「ガクッ」と
止まったことありませんか?(>_<)

そこでブレーキペダルの踏み方のポイントですが
まず少しだけ踏んで見て下さい、軽く踏めるところが少しありますよね
そこがブレーキペダルの「あそび」の部分です
※あそび・・・まだブレーキが利かないところ

さらに踏み込んでいくと少し硬くなるところ
そこがブレーキの効き始める部分ですが

そこで

ゴムのボールを少しづつ踏みつぶすように(イメージ)

踏み込んでいくと、微調整ができますよ
この感覚を覚えて下さいね(^^)v
※メーカーや車種によって違いますから気を付けてね(^_^)v

アクセルペダルもブレーキペダルも車の免許取得するための
大事な操作ですから、とにかくたくさん踏んで
しっかりと感覚を身に付けて下さいね(^^)v

今回は「ペダル操作(AT&MT)」
についてお話いたしました

次回は今回の続きで「ペダル操作(MT)」について
お話をしていと思いますので、お待ち下さい!

それでは
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得が出来て
そして、一生涯、違反をしない!事故を起こさない!
安全運転出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆

今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
ハイリスクハイリターン