学科試験はここでOK!



信号、標識、標示 車の免許取得

[技能教習第2段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんばんわ(^_^)/

それでは早速ですが
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
「信号、標識、標示」について
今回の技能教習を始めていきましょう~

車の免許取得 技能教習項目【5】
「信号、標識、標示などに従った運転」
のポイントをお話ししたいと思います!

道路を安全かつ円滑に走るためには
「信号、標識、標示」をきちんと守ること
安全運転の基本ですよね(^^)v

「信号、標識、標示」これらを走行中に的確に読み取り
適切に対応できる運転ができるように練習していきます

信号・標識・標示

路上に出てまもない皆さんにお聞きします
「信号、標識、標示」をしっかり読み取っていますか?

どうしても始めのうちは操作に集中しがちです
そのため、信号の変化や標識、標示を見落としてしまう
可能性が高いのです

1日でも早く、操作をに余裕が出来るように頑張って下さいね!

それでは信号、標識、標示それぞれのポイントをお話します



信号

信号は設置する側も運転者に出来るだけ
見落としがないように設置していますので
信号を見落とす方はそんなにいないかと思います

そこで信号のポイントは


「変わるタイミング」です


最近、多くなっているのが「歩車分離式」です

皆さんもご存じのように
歩行者と車の信号を完全に区別して
通行させてるものです

それでは「歩車分離式交差点」の動画をご覧ください
)

いかがでしたか?最近よく見かけますよね
自分の従うべき信号を間違えないように!



もう1つは以前からよくある「時差式」です
ご存じのように「赤」になるタイミングに差があり
右折車などを安全に通行させるものです
  
この「歩車分離式」「時差式」も信号機の横などに
プレートが付いていますので下さい

見落としをしてしまったり、別な信号を見ていて間違った
運転行動をしないように気をつけて下さいね(^_^)v

そして「時差式」には矢印が出る
「矢印信号」がついている信号機もあります

どうしても運転に慣れていない方は
「青」「黄」「赤」の3つの信号に
集中してしまい「矢印信号」を見落とします

目の前の信号が「赤」だからといって
停止すると決め付けるのではなく

「矢印信号」がある時は
矢印の出ている方向をよく確かめて
矢印に従って走行してださいね

とにかく、信号機は自分の見るべき信号を良く見て
見落とさないように運転をして下さい

珍しい斜めの矢印信号の動画見つけましたのでご覧ください

)


いかがでしたか、この他にも全国には色々な信号機があります
よく見て間違わないように運転して下さいね!




標識

標識も走行しながら読み取っていくことが
重要になります

それでは
標識を見落とさないポイント!


見るタイミングと場所です


標識はどんな場所に設置されているか?
曲がったすぐの場所に設置されていることが多いです

なぜかと言いますと
曲がった時に道路の状況が変わることがあります
具体的には「道幅」「環境」などです

それにより「規制」が色々変わります
多くは「速度」が変わることが多いです

そして、標識は結構高い場所に
設置されていることが多いです


曲がった後すぐ左斜め上あたりをよく見て

標識を見落とさないように注意をして下さい




標示


標示については
そんなに見落とすことはないかと思いますが
場合によっては非常に見づらくなります

では次の動画をご覧ください

)

いかがですか?
夜間でしかも雨が降っていたので
標示が見づらいのが分かりましたか!

路面がライトによつて乱反射してしまい
標示が非常に見づらくなります


夜間や雨天時には特に
標示の見落としに注意しましょう~



とにかく安全運転の基本ですから
信号、標識・標示は見落とすことなく
しっかり読み取って運転をしてください


それでは
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得が出来て
そして、一生涯、違反をしない!事故を起こさない!安全運転出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆

今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
ハイリスクハイリターン