自動車免許問題 | 本免学科試験対策(その2)

[本免取得に向けて]

「自動車免許問題 本免学科試験対策(その2)」

車の運転免許取得ご希望の皆様
この度は当サイトに訪問頂きまして感謝致します(´▽`)

このサイトでは車の免許取得のお手伝いということで
自動車学校(教習所)で行う全69教習項目の
ポイントを解説しています

免許取得ご希望の皆様に少しでも
お役に立てば幸いです( ・∀・)ノ

自動車免許問題

さて、前回から好評の
自動車免許問題 本免学科試験対策ということで
今回は「その2」をお送り致します

本免学科試験対策として
厳選した学科問題をお送りいたします

本免許学科試験を受験する皆様の
お役に立てればと思います

それでは早速、問題です

自動車免許問題 本免学科試験対策その2


~問題1~
自転車横断帯とその端から
前後5メートル以内の場所は、
駐車の停車も禁止されているが、
原動機付自転車はすぐ移動できるので
駐車しても良い

~問題2~
車の速度と燃料消費量には、
密接な関係があり、
速度が速ければ速いほど
燃料消費量は少なくなる

~問題3~
自動車に乗ってからドアを閉めるときは、
半ドアを防ぐために、
力強く、途中で止めないで、
一気に閉めるようにする

~問題4~
オートマック車を駐車するときは、
上り坂でも下り坂でも、
チェンジレバーを「P」に入れたら
ハンドブレーキをかける必要がない

~問題5~
高速道路の最高速度は
法律で決められているので、
天候や気象状況によって
速度の制限は変わることはない



さて、上記の5問ですが
解りましたか?

簡単だと思いますが
生徒さんたちが以外にも
間違ってしまった問題なんです

それでは「解答&解説」になります

自動車免許問題 本免学科試験対策その2 解答&解説


1、「
自転車の安全確保のため、
車の種類は問わず駐停車することはできない

2、「
速度が速ければ速いほど
燃料消費量は多くなる

3、「
少し手前で一度とめ
半ドアにならないように力を入れて閉める

4、「
危険防止の措置として、
ハンドブレーキは必ずかけておく必要がある

5、「
高速道路では気象状況その他により
規制が行われ、最高速度の制限が変わる

さて、いかがでしたか?
正解は出来ましたか?

冷静に考えれば、すぐに解ると思いますが
試験の時はどうしても焦ってしまい

早とちりに答えを出してしまい
間違ってしまう方が多いです・・。

時間はたっぷりありますので


「焦らず」「ゆっくり」「冷静」

解答してくださいね!



それでは
車の免許取得
全69教習項目のポイント公開

を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得が出来て

一生涯、違反をしない!事故を起こさない!
しっかりと安全運転ができる!
ドライバーになれますように(^_-)-☆

今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」


ブログのランキングに参加しました
 皆さんの1票でランクアップさせて下さい
 宜しくお願いします
ココをクリック⇒「清き1票」


  



あわせて読みたい人気記事




あっ!明日の最新情報発見!



コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

ハイリスクハイリターン