学科試験はここでOK!



車の免許取得 歩行者がいたら・・・

[学科教習第1段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんにちは(^_^)/

学科・技能教習とも順調に進んでいますか?
車の免許取得に向けて頑張っていきましょう~!(^^)!

それでは早速ですが
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
歩行者がいたら・・・について
今回の学科教習を始めていきましょう~

車の免許取得 学科教習項目【8】
「歩行者の保護など」
のポイントをお話ししたいと思います!

71da19db418dc135dee101fcc145b004_s

今回の「歩行者の保護など」では覚えて頂くことがたくさんあります(>_<)
「~のそばを通るとき、~に近づいたとき」どのようにしたらよいか
いわゆる、交通ルールがたくさん決まっています

その中でも、車の免許取得を希望する皆さんが車の免許を取得をして
実際に街の中で車を運転していくとき
守っていかなければならないルールのポイントを
しぼって説明致しますのでしっかり覚えて下さいね

2段階(路上)卒業検定でも大事です

歩行者や自転車のそばを通るとき

まずは実際の道路を走行するとき必ず遭遇するのが
「歩行者」「自転車」になります
その歩行者や自転車のそばを通るときのポイントは

【安全な間隔】をあけなければなりません

それでは、その安全な間隔とは具体的にはどれぐらいか?
皆さんは具体的に分かりますか?

これは一言では答えることは出来ません
なぜかと言いますと、出している速度や道路状況で
変わってしまいますので、一定の数字を決められません

でもある程度、目安がないと皆さんは困ってしまいますよね
そこで、最後の卒業検定の採点基準にある数字を
目安にしてください

歩行者や自転車がコチラに気がついているとき
  ⇒最低1メートル以上


歩行者や自転車がコチラに気がついていないとき
  ⇒最低1、5メートル以上


これが「安全な間隔」になりますので一つの目安にしてください


しかし、この安全な間隔は状況によってはあけることができません
例えば、道幅が狭い、対向車が来てるなど色々な状況変化で
安全な間隔は取れなくなってしまいます

その場合はどのように対処するかですが


【徐行】しなければなりません

徐行・・・時速10km/h以下、ブレーキ操作で1m以内で止まれる速度


ですから
歩行者がいたらまずは「安全な間隔」をあけることを考え
さらに
安全な間隔を状況によりあけられない場合は「徐行」をする

という交通ルールをしっかり守り「歩行者の保護」することを
第一に考えて走行するようにして下さいね!

aae88a2b5f95520053224a246c743fc2_s


次回はこの「歩行者の保護など」の続きをお話致します



それでは
車の免許取得全69教習項目のポイント公開
を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得が出来て
そして、一生涯、違反をしない!事故を起こさない!安全運転出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆

今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
ハイリスクハイリターン