Twitterで見つけた明日の最新情報!




地図はわかりますか? 車の免許取得

[学科教習第2段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんばんは(^_^)/

それでは早速ですが
車の免許取得
全69教習項目のポイント公開

「地図はわかりますか」について
今回の学科教習を始めていきましょう~

車の免許取得 学科教習項目【16】
「経路の設計」
のポイントをお話ししたいと思います!

地図

車の免許取得をした皆さんは車を使い
どこかに行かれるとき
その時目的地に向かうまでの
道順を考えるわけですよね

今回はその経路はどう決めるのかを
お話したいと思います

しかし、指導員の私が言うのも
おかしいと思いますがこの経路の設計は
そんなに重要ではなくなりました

近年「ナビゲーション・システム」
車用を初め携帯&スマホ用など
かなり良くなり普及しています

ですからこの「経路の設計」
以前と比べるとそんなに必要ではなく
重要な項目ではなくなりました

しかしナビがない場合もありますので
地図を見ての走行も必要ですし
技能教習項目にはありますので

しっかりとポイントを確認してください

経路設計の重要性

経路の設計がどうして重要なのか?

経路の設計をせず出発した場合
道をさがすことに気をとられてしまい

脇見運転になったり
ノロノロ運転になってしまったり
非常に危険がともなってきます

必要な情報を見落とし他の交通に
迷惑をかけたり危険をあたえたり
することになりかねません

ですから経路の設計が重要なのです

経路の設計のしかた


経路の設計のしかたには
3つのポイントが考えられます


1、とにかく最短距離の経路を考える

2、少し距離が増えても走りやすさ
 (道幅、環境)の経路を考える

3、覚えやすさ
 (右左折の回数)の経路を考える


以上の3つポイントを考え
経路を設計するわけですが

多くは1の最短距離を
一番に考えてしまうと思います

しかし、距離だけを考えてしまうと
以外に時間がかかる場合が多いです

ですから


2の走りやすさ 3の覚えやすさ

重要にした方が安全運転になります

目標の取り方

1、地図の活用

経路を設計するときは
地図を使用するわけですが
地図には様々な記号がありますよね!

まずそれを理解して下さい
その中で大事なのは


交差点名、信号、建物などです

最低限この3つを読めるようにします

2、目標の取り方の具体例

目標物の決め方の大事なのは


曲がりたい交差点の手前にある
目標物を決めます

その目標物を過ぎて次の信号を曲がる
見たいに決めます
すると、急左折や急右折を防げるのです

このような形で、目標を決めて下さい

次回は今回の学科教習を踏まえて
技能教習で実際に経路を設定して
走行していただきます

頑張って下さいね!(^^)!


それでは
車の免許取得
全69教習項目のポイント公開

を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得ができて

一生涯違反をしない!事故を起こさない!
安全運転が出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆


今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

ハイリスクハイリターン