Twitterで見つけた明日の最新情報!




車検と保険の知識 車の免許取得

[学科教習第2段階]

車の免許取得ご希望の皆様!
こんばんは(^_^)/

それでは早速ですが
車の免許取得
全69教習項目のポイント公開


「車検と保険の知識」について
今回の学科教習を始めていきましょう~

車の免許取得 学科教習項目【15】
「自動車の所有者などの心得と保険制度」
のポイントをお話ししたいと思います!

026311

車の免許取得をした皆さんが
自動車が運転できるようになったら
まず、思い浮かべるの何ですか?

そうですね!まずドライブですよね!
さらには自分の憧れの自動車を
手に入れることですね!

今回は自動車のオーナー(所有者)に
なるためのお話です

それでは、皆さんにお聞きしますが
自動車のオーナー(所有者)になるため
まず、何が必要ですか?! 

そうですね!「お金」です!(^.^)

そ、それは当たり前なんですけど(^^ゞ
ここでは「ルール」のお話ですから・・・

自動車を所有するには
お金(資金)以外に何が必要かお話します

自動車の所有者になるため

自動車を所有するためには
必ず必要なことがあります
そのポイントをお話いたします

保管場所(車庫)


保管場所には次の制限があります


道路以外の場所
(道路は車庫には出来ない)
所有者の住所地から
直線半径で2キロ以内の場所


まず自動車を所有するには
自分専用の保管場所(車庫)の準備です

さらに、それを証明する


「車庫証明」の書類が必要となります

※詳しい車庫証明については後日に!

自動車の登録(届け出)と検査

次に自動車を登録しさらには
検査を受けなければ乗れません

1、自動車の登録(届け出)

★陸運局で登録(届け出)をして
 番号標(ナンバー)を取得します

★自動車検査証(車検証)の交付を受ける
 ※特別な車両は除く

★検査標章の交付と貼り付けをします

★自賠責保険の加入をします
 ※車検証と自賠責保険証明書は
  必ず自動車に備え付けます

2、自動車の検査

自動車(一部を除く)は
一定の時期に車両の検査を受けて
自動車検査証(車検証)の交付を受けます

自動車検査証(車検証)の交付がないと
その自動車を公道では
運転することが出来ません

上記のような準備が自動車を
所有するには必要になります

通常の場合はカーディーラーなどの
担当の方がやってくれます
しかし、自分でやって手数料を
節約することも可能です

点検と管理

自動車を所有できた場合
それで終わりではありません

1、定期点検

自動車の所有者はその車種や用途によって


定められた時期に必要な整備を
定期点検として
実施しなければなりません

※原付きや一部の自動車は除かれます

2、自動車の管理

自分の自動車を所有した場合


管理責任があります

不用意に他人に車を貸して
借りた人が事故を起こした場合
責任を負うことがあります

※無免許の人や飲酒をしている人に
絶対貸してはいけません

車の免許取得した皆さんが
自動車を所有したら
上記の事が自動車の所有者として
責任と義務が発生するのです

しっかり覚えて下さいね

このあとは「保険」についてお話致します

交通事故を起こしてしまった場合
その自動車の運転者や保有者は
被害者に対し損害賠償の責任が発生します

その損害賠償に備えるのが保険なんです

損害賠償額は人命尊重から
年々上昇していく傾向にあります

加害者になった場合
その責任を果たすために
大変苦しい思いをしなくてはなりません

万が一に備えて
必ず自動車保険には加入しましょう!

自動車保険の種類と仕組み

まずは保険の種類と仕組みのポイントを
お話したいと思います

1、自動車保険の種類

自動車保険には
法律によって決まっている
必ず加入しなければならない保険


「強制保険」


運転者や所有者が任意で加入する保険


「任意保険」

の2種類があります

★強制保険★
(自動車損害賠償責任保険または共済)
上記でも説明しましたが
必ず加入しなければならない保険です

加入してない車は運転することが
禁止されていますし
上記でお話した車両検査が受けられません

さらには、強制保険は賠償できる限度があり


賠償は「人身事故」のみです


限度額も死亡による損害で


最高3000万円までなんです


   
項目9「特徴的な事故と事故の悲惨さ」
でもお話しましたが事故を起こした時

民事上の責任として
損害賠償をしなくてはいけません

最近の裁判判決としての損害額は
物損事故で2億6135万円(積荷)
物損事故で1億3580万円(店舗)
人身事故で3億6750万円(死亡)
人身事故で3億5332万円(後遺障害)

上記のような金額の高額な
損害額が裁判で認められているのです

★任意保険(任意自動車保険)★

上記で説明したように「強制保険」では
賠償額などには限度がありますので
十分な賠償はできません

高額な人身損害賠償や物損事故
そして自損事故に対して賠償をしてくれるのが
任意保険です

任意保険には目的によって種類があります
「対人賠償」「対物賠償」を始め
「車両」「自損事故」「搭乗者傷害」などがあり

セットや単独でそして「賠償額」の設定などが
選択出来ますので
しっかり検討して加入をして下さい

下記に私も参考にしているサイトをご紹介します
参考にして下さい

車の免許取得をし自動車を運転するときは
すべて運転者や所有者の責任があるのです

その事故で自分自身がそして
家族が、親戚が・・・
その事故に対して関わりある人たちを
不幸にしない為に

自動車保険は不可欠なんです

いずれにしても自動車を所有し
管理するには大切な事がたくさんあります
しっかり理解して下さいね(^^)v

▽▼▽オススメ自動車保険のサイトは▽▼▽



それでは
車の免許取得
全69教習項目のポイント公開

を次回もお楽しみにして下さい

車の免許取得ご希望の皆様が
1日でも早く車の免許取得ができて

一生涯違反をしない!事故を起こさない!
安全運転が出来る!
ドライバーになれますように(^_-)-☆


今回の教習もお疲れさまでした<(_ _)>

▼「TOPページ」に戻る▼
車の免許取得をお手伝いします!
 全69教習項目のポイント公開「TOP」



あわせて読みたい人気記事


アプリでGET普通免許問題集:初めての免許試験をサポート!


コメントを残す

サブコンテンツ

「投票」お願いします

FX

このページの先頭へ

ハイリスクハイリターン